​Video Works_2016

「モンシロチョウは卵の夢を見るか(原案)」​/ 04:10

生まれた土地である、富山県八尾町をモチーフに制作した作品。修了作品である「モンシロチョウは卵の夢を見るか」の原案になっている。自分の生まれた場所やそこに住む祖母、家、思い出のプールや川などを記憶のメモと共に巡った。ー「私を私たらしめるものはなにか」

坂のまちアートin八尾 展示作品

​「alcohol_bear」 / 02:30

​お酒をテーマに行った3人展で展示した作品。映画監督である伊丹十三の「二日酔いは枕元に大きなくまが座っているようだ」という言葉から着想を得て制作した。

間延びしたクラシック、つがれていくお酒、曖昧な記憶…そして迎えた最悪な朝、二度と酒は飲むまいと誓ったその日の夜に、私たちはまた乾杯をするのだ。

「サカミヅク」 展示作品

​「モンシロチョウは卵の夢をみるか」 / 08:30

​同タイトルの自筆小説をモチーフに制作した作品。映像の中に出てくるテキストは小説の中から抜粋している。

東京藝術大学修了展 展示作品

​「たそかれ」 / 02:15

井伏鱒二の「山椒魚」と自分の体験を織り交ぜた作品。

 ―夜中に家に帰ると止め忘れたアラームが鳴り続けていた。

 起きていたはずなのに今まで眠っていたかのような、眠っていたはずなのに今目覚めたかのような。

 私はゆっくりと瞼を閉じる。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now